コミュニケーションツールのご案内

Communication Tool

私たちは、企業がどのような企業として認知されたいのかと共に、ユーザーが企業に期待しているコトを知ることでコミュニケーションを創り出してして行きたいと考えています。

誰とコミュニケーションをしたいの?
その手法は様々です、BtoC、BtoB誰と関係を持ちたいのか、
恋人を探すようで意外と楽しいことです。

実績を見る

コミュニケーションとは、言語,身ぶり,画像などの物質的記号を媒介手段とした精神的交流のこと(ブリタニカ国際大百科事典)。

コミュニケーションは、情報を伝えるだけで成立していると考えがちですが、相手が伝えている内容を理解し何らかの行動や行為を伴って初めてコミュニケーションが成立したと言えます。

企業とユーザー間のコミュニケーションもまた、同じ事。企業が伝えたいメッセージだけを主張するだけでは、単に情報提供をしただけといえます。

ユーザーと企業がどのようにコミュニケーションを行うか・・。それは、企業のブランディングに関わってくる問題でもあります。

企業が発信する情報や体験を通してユーザーは、ブランドを認識し企業価値を感じます。

どのような企業価値をユーザーに体験させ感じさせ、どのような衝動から行動へと移行させるかなど、企業とユーザー間には、満足体験というストーリーによるコミュニケーションが必要になってきました。

企業は、誰とコミュニケーションをしたいの?

「コミュニケーションは、受け手の言葉を使わなければ成立しない。受け手の経験に基づいた言葉を使わなければならない。」とP.F.ドラッカーが話しています。

私たちは、企業がどのような企業として認知されたいのかと共に、ユーザーが企業に期待しているコトを知ることでコミュニケーションを創り出してして行きたいと考えています。

実績を見る

新しい体験とコミュニケーション
ストーリー型 VRによる新しい観光体験

普段は行けない観光地や山頂や神社の内部など地域にある様々な観光素材をVR化し、地域の魅力をWebで発信できます。それは、新しい観光体験です。潜在的な顧客に対して、新たな行動への動機付けとして活用するだけでなく、Webを利用してた観光素材の発信も行えます。

LIKE-S コミュニケーションツール